スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.道



人が通るから自然に出来たのか
それとも人が通るために作られたのか

元々は獣の通り道だったのかもしれない
そこを通るのは人間だけではない

まっすぐなのもあれば曲がったのもあるけれど
そこを通らなければ目的地に辿り着かない

大勢の人が通る賑やかな大通りもあれば
地元の人しか知らないひっそりとした路地もある

アスファルトで綺麗に舗装されていることが多いけれど
無舗装の砂利道もまだ残っている

通過する人にとっては単なる経路の一部でも
そこに住んでいる人にとっては大切な生活の一部

車で通るのと歩いて通るのでは景色が違う
移動速度が印象を左右する

誰と一緒に歩くかでも雰囲気が変わるし
時間や季節によってもまるで生き物のように違う

新しい建物が出来てもあまり気にならないのに
今まであった建物がなくなると急に寂しくなる

何度も通るうちに無意識に記憶しているから
少なからず人格形成にも影響を与えているだろう

最終的にはどこに繋がっているのか分からないけれど
その先にはまだ見たことのない何かがある

それを「夢」と言ってしまってもいいのかもしれない
少なくともプラスイメージを抱かざるを得ない
関連記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

佐々木 宏人

Author:佐々木 宏人
作曲家の佐々木 宏人です。
得意ジャンルは女性の歌ものっていう設定みたいですが、わりと何でも作れます。
生き方は不器用ですが、小手先はわりと器用です。
ゆるーくお仕事募集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。